わたし、今日から休職します~新卒2年目におこった適応障害の壁~

働き方

 

こんにちは。さめはだ舞子(@samehada_maiko2)です。記事タイトルのとおり…

 

わたし、今日から休職します

 

新卒2年目。1年目は某IT企業、2年目は現在の職場からお誘いをうけ、ちょっと変わった事務の仕事をしています。

 

 

休職するワケ

今回、医師から告げられたのは「適応障害」という診断名です。わたしは現在、とある事務業務についていたのですが、そこでの対人ストレスが原因で、身体に影響が出てきてしまいました

 

私の職場は一般的な職場とは少々異なり、職場には上司と長年勤めているAさん、そして私の3名しか部屋におらず、上司はほとんど外出先へ出ているので、実質1日中Aさんと二人で業務をこなしていました(全体としては100名ほどの職員がいますが、各部署で部屋の場所が異なる)。

 

いまの職場は今年の春から働き始めた環境で、最初の頃はいろいろと仕事を教えてもらっていましたが、夏頃からわたしへの態度が変わり、威圧感をものすごく感じるようになりました。わたしがやろうとしていた仕事は取られるし、仕事について不安なことがあり確認をすると「それ前に言ったよね?」と不機嫌に返されるばかり。

 

だけれど、上司や目上の人にはかなり良い態度をとるものですから、周りから見るAさんの評価はとても良い状況です。唯一、相談にのってくれていたのが女性の上司で、上司もAさんについては「難しい性格の方」とひっそりおっしゃっていました。

 

その女性上司が事情があり退職し、わたしは相談できる相手もおらず、孤独を感じたままAさんからの威圧感に耐えていました。毎日、出勤前は涙が出るし、夜も眠れず、食欲もありません。とにかく職場に行くのがつらい。仕事をすること自体が嫌いではない。でも、職場にいることがつらい。

 

11月に入って、ついに吐き気や頭痛も起こすようになり、3週間ほど欠勤してしまいました。夏頃から威圧感を感じ始めて、気持ち的に「あ、やばいかな?」と思ったタイミングで心療内科の受診はしていましたが、徐々に自分ではマイナスの感情がコントロールできない状態までになってしまいました

 

3週間の欠勤後、主治医の先生からは「この状態までになってしまうと、年内中の復帰はむずかしいね。もし、職場側で環境がすぐに変えられないのであれば、3ヶ月は休職した方が良い」といわれました。原因はAさんとの対人ストレス。わたしはもうAさんの書く文字を見るだけで吐きたくなってしまいます。

 

診断結果を上司と課長に伝えたところ、とても熱心に話を聞いてくれましたが、やはりすぐに対応は難しいとのこと。原因であるAさんを強制的に排除するわけにもいかず、わたしの部署移動も難しい状態です。

 

つまり、いまの最善の選択は「3ヶ月間、休職すること」になります。

 

休職指示をうけて、安心したこと

 

  • とにかく職場に行く必要がない!

 

もうこれに尽きます。職場から許可を得て、職場に行かなくていい。

 

Aさんと会わなくていい。その点だけです。

 

休職指示をうけて、不安なこと

  • 生活費どうしよう
  • ほんとうに3ヶ月で復帰できるの?
  • 復帰できたとしてもしっかり仕事こなせるの?
  • わたし、そもそも社会で働くことに向いていないんじゃないの?

 

不安な面はやはり多いです。というか、ほとんど不安です

 

「そもそも社会で働くことに向いていないんじゃないか」という気持ちが沸いてきて、「働く」ということ自体に恐怖心が芽生えてきました。これは非常にまずいです。

 

わたしは他の同期と違い、新卒で入社した会社を1年で転職し、今の職場は知り合いからお誘いがあり入った会社です。まわりの友人たちは新卒で入った会社で2年目を迎え、キャリアを重ねているのに、わたしは…

 

もちろん、離れて暮らす両親からは厳しい声が。両親はわたしを心配するがゆえに、厳しい声をかけてくれているのは嫌というほど理解しています。わたしのために言ってくれていることですので、余計に「なんて自分は親不孝ものなんだ」と感じてしまいます…。両親は親不孝だなんて思っていないとは思いますが。思っていないからこそ申し訳ない…。

 

いろいろなことに対する自信とモチベーションがとにかく下がっています。

 

これからのこと

とにかく体調の回復を最優先に。この先どうするかはゆっくり考えようと思います。

いまはただ辛い日々ですが、ブログも始めたし、いろいろな可能性を考えてみます。なんだか暗い話で申し訳ないです。

今後もブログは更新していきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いします。

 

追記:休職後、退職しました

休職期間を終えてもなかなか体調が治らなかったため、2018年3月に退職しました。

自身の療養と家族看病のため、実家に戻り、再スタートに向けて気持ちを整えています。

 

続報:転職しました

適応障害を発病して半年、会社員として復帰しました

2018.08.05