使用ツールは「Canva」だけ!アイキャッチ・記事画像まとめ

ブログ運営

 

さめはだ舞子(@samehada_maiko2)です。「「クロネのブログ講座」にトライ!【20記事達成編】」でも報告しましたが、当ブログはおかげ様で(やっと)20記事公開となりました。

 

少ない記事ながら、Twitterなどで「アイキャッチ画像」に関するコメントがつくことが多くなってきました。お褒めのお言葉はいつでも嬉しいです。ありがとうございます。

 

今回の記事では、これまで私が作成したアイキャッチ画像・記事内の挿入画像の中から、いくつかをピックアップして「アイキャッチ・記事画像まとめ」を作っていきたいと思います。

 

デザインがめちゃくちゃ苦手なので詳しく教えることができませんが、自分が画像を作っているときに考えていることや作成にかかる時間などはお伝えできますので、ちょっとした参考にしていただければ嬉しいです。

Canva公式サイト:https://www.canva.com/

 

 

 

「Canva(無料版)」+「フリー素材」

当ブログはCanvaの無料版を使用しており、その他のデザインツールは全く使用していませんフリー素材と合わせると、無料でもかなり完成度の高い画像を作ることができます。わたしはデザインすることが得意ではありませんが、それでも簡単に以下のような画像をつくることができました。

 

SNS上での認識違いにご注意!「フォロバ」と「リフォロー」って違うよね?
制作時間:10分
フリー素材のさえずりマークに、Canvaの可愛い背景をデフォルトで設定。

 

プロフィールアイコン作成は「覚えやすさ」と「3つのポイント」で考える
制作時間:20分
フリー素材のフラットアイコンを並べて、Canvaの無料素材のライン(線)で装飾。

 

プロフィールアイコン作成は「覚えやすさ」と「3つのポイント」で考える
制作時間:5分
フリー写真の上にCanvaの図形(四角)をブラックのカラーで重ね、透明度を下げると、Canvaのみでも写真の明度を自由に調整できる

 

f:id:samehada-maiko:20171207173444p:plain

わたし、今日から休職します~新卒2年目におこった適応障害の壁~
制作時間:15分
フリー写真と文字だけのシンプルなパターン。フリー写真を探すのに時間がかかった。

 

彼がブラック企業に勤めています。仕事よ、健康を奪わないで。
制作時間:15分
雨と足→フリー素材、地面→Canvaの図形(四角)。構図に悩み、やり直すこと数回…。

 

エックスサーバーに申し込み!サーバーID(初期ドメイン)とは?
制作時間:30分
ビルと家のイラストはフリー素材で、それ以外はすべてCanvaの素材。これくらいのシンプルな説明画像であれば、Canvaで充分つくれる

 

「Canva(無料版)」+ワンポイントだけ「フリー素材」

【はてな】目次のカスタマイズでデザインが崩れるときの対処方法
制作時間:30分
当ブログのキャプチャ画像を使用。その他はCanvaのライン・図形で作成。

 

その記事、『撮影許可』『掲載許可』とっていますか?読者もお店も「人」なんです
制作時間:15分
文字+図形(丸)で画像の8割が完成。Canvaは色が指定できるので、配色サイトを参考にすれば、まとまったカラーで良い感じに作れる。

 

【2018年アンケ実施】審査期間・記事数は?GoogleAdSense(アドセンス)の審査を通過しました!
制作時間:10分
「\/」の部分は文字ツールではなく、Canvaのライン(線)を1本斜めに作成し、複製。複製したラインを反転させて作った。

 

この1冊で即実践!インプット→アウトプットに強いアイデアノートと書き方
制作時間:5分
四角と丸の図形を左右同じく配置しただけのめちゃくちゃシンプルな画像。手抜きだと思われるかな、と謎の心配をしたため、鉛筆を後から追加した。

 

「Canva(無料版)」+「オリジナル素材」

フリー素材を使うだけでも、それなりのアイキャッチ・挿入画像はつくれますが、わたしのような、デザインスキルが乏しい人にとっては「ありきたり」な画像になってしまうことが大きな悩みです。

 

しかし、自分だけの「オリジナル素材」を持っていると、デザインが良くなくても「オリジナル感」を出すことができます

 

 

【プロフィールアイコン作成①】メインテーマを決定する!
制作時間:5分
オリジナルアイコンに文字とラインを追加しただけ。デザイン的には10点。

 

なにかを「カタチにする」のが好き。さめはだ舞子のプロフィール
制作時間:15分
こちらもオリジナルアイコンに、文字と図形を組み合わせただけ。なにを言いたいのかさっぱり伝わってこない1枚(反省)

 

「Canva(無料版)」+「フリー素材」+「オリジナル素材」

個人的に「Canva」「フリー素材」「オリジナル素材」を組み合わせると、作成できる画像は無限大に広がるので最強だと思っています。

 

当記事の公開時点で、わたしのオリジナル素材(アイコン)は2パターンしかありませんが、以下のように様々なパターンで表現することができています。

 

わたし、今日から休職します~母から言われた3つのコト~
制作時間:10分
涙のフリー素材をオリジナルアイコンに付け足せば、「表情」に変化を与えることもできる。

 

わたし、今日から休職します~母から言われた3つのコト~
制作時間:10分
背景やフリー素材の種類によって、オリジナルアイコンの印象を変えることができるため、記事内での状況や心情の変化を表現できる

 

サメグッズはあるのか?Amazonほしい物リストを作ってみた!
制作時間:15分
ワンポイントとしてオリジナル素材を使用。ちょっと足すだけでも、他のアイキャッチ画像と印象が統一されやすくなる

 

【はてな】目次のカスタマイズでデザインが崩れるときの対処方法
制作時間:20分
フリー素材の吹き出しとCanvaで作った文字をどどーんと大きく配置。背景センスが皆無なので、Canvaの背景素材を使用して誤魔化す

 

タロット占いの結果、心当たりがありすぎた話【仕事運】
制作時間:20分
でんよしさん(@ryo3xyz)のアイコンをお借りして、タロットカードの装飾枠素材にアイコンを配置。アイコンの色味をCanvaの画像フィルターでセピア色にした。

 

タロット占いの結果、心当たりがありすぎた話【仕事運】
制作時間:15分
炎のフリー素材を使って、メラメラ燃える表情を作成。「炎」「文字」「アイコン」「炎」の順に重ねている。ミルフィーユ状態。

 

なにかを「カタチにする」のが好き。さめはだ舞子のプロフィール
制作時間:10分
自分はこのキラキラの素材好きなんだと発覚した1枚。吹き出しのフリー素材と組み合わせるときは、文字量を少な目にしたいと思っている。

 

「Canva(無料版)」+「フリー素材」+「オリジナル素材」+「自分で撮影した写真」

Canvaでは自分撮影した写真と組み合わせることもできます。レビュー記事のアイキャッチ画像をつくるときなどにおススメです。

この1冊で即実践!インプット→アウトプットに強いアイデアノートと書き方
制作時間:20分

 

シリーズものはアイキャッチ画像を統一

シリーズものはアイキャッチ画像を統一しています。1度作ってしまえば良いので楽です。わたしの場合は背景画像を変えていますが、素材を変えたり、文字色を変えるのも良いと思います。

「クロネのブログ講座」にトライ!【10記事達成編】
制作時間:10分

 

 「クロネのブログ講座」にトライ!【20記事達成編】
制作時間:3分

 

画像に時間をかけるか・かけないか問題

時折目にするのが「画像作成に時間をかけるなら記事を書け」という意見。わたしもTwitterのエアリプで心無い言葉をかけられたこともあります。

 

しかし、ブログへの姿勢は人それぞれで良いと思うんです。わたしは画像をつくるのが楽しいと思えるし、もともとデザインの勉強もしたかった

 

だから、「文章の作成(文章作成の技術)」「画像の作成(デザイン力)」を5:5で進めています。もちろん、時間はかかりますが悪いことだとは全く思っていません。

 

文章力と同じように、画像作成も続ければレベルアップできる

 

これを見てください。わたしが当ブログで、初めて作った画像です。わたしが「Canva」を使って、初めて作った画像でもあります。

 

今見ると「だっさ!」と叫びたいレベルです(笑)しかもこの内容のない1枚を作るのに1時間以上かかっていました。

 

でも、これって少しだけでも自分が成長している証拠だと思います。記事のリライトで、昔の文章がおかしいと感じるのと同じです。続ければ、少しずつレベルアップしていくことができるんです。

 

ブロガーだから文章より画像に力を入れてはいけない、なんて決まりはありません。記事数を増やしたいだけなら、文章だけに集中すれば良い。デザイン力も一緒に向上させたい・画像編集が好きだと思うなら、五分五分で進めるのもアリだと思います。

 

さいごに

文章力向上重視派、デザイン力向上重視派、文章力&デザイン力向上重視派。どれが悪いなんてありません、ブログ運営の目的だって千差万別です。お互いのスタイルを尊重していけたら良いですね。

 

今回は当ブログのアイキャッチ画像・記事挿入画像をまとめた内容でしたが、次回「Canva」に関する記事を書く時には、実際の使い方なども説明できるようにするつもりです。

 

もし、「Canva」で気になることや悩んでいることがあれば、コメントしていただけるとできる範囲でお答えしていきたいと思いますので、気軽にコメントしてくださいね^^

 

以上、「使用ツールは「Canva」だけ!アイキャッチ・記事画像まとめ」でした!