かんたん画像編集!デザインツール「Canva」をおススメする3つのポイント

ブログ運営

 

さめはだ舞子(@samehada_maiko2)です。ブログ記事を書くにあたり、必要となってくるであろうツールの一つに「画像編集ツール」があります。記事の顔である「アイキャッチ画像」をはじめ、ブログには画像利用の頻度が高いですよね。

 

わたしも、当ブログの1記事目を更新しようと思ったときに、「画像編集ツール」の選定を行いまいした。その中で見つけたのが、デザインツール「Canva」。ブロガーさんの間では人気のある2018年注目ツールです。

 

今回は実際に「Canva」を使用してみた感想をまとめてみました。

 

「Canva」とはこうして出会った!


無料で使えて高品質なアイキャッチ画像(バナー)を作りたく、「ブログ 画像 無料 編集 バナー」などいろいろなキーワードを入れて検索していたところ、こちらの記事に出会いました。

 

ふむふむ、「Canva」ねえ…。聞いたことないなあ…。

さらに「Canva」で調べていくと、こちらの記事もヒット。

 

あの有名なサルワカさん(@saruwakakun)も紹介されているじゃないですか!わたしが(一方的に)信頼しているサルワカさんのブログを見て、1記事目の画像は「Canva」で作成してみようと思い、試しに使ってみることに。

 

ポイント① 操作が超かんたん

詳しい使い方は冒頭で記載した記事にあるので、ここでは書きませんが、操作が超かんたんです。デザインなんてできねーよ!なんて思っている新米ブロガーのみなさんには特におススメです。

 

もともと入っている無料のテンプレートから作成するだけで、オシャレな画像が作成できちゃいます。じつは、当ブログのヘッダー画像は「Canva」を利用して作った画像の1作品目となっています。作成時間は5分程度でした。

 

f:id:samehada-maiko:20171113132712p:plain

ポイント② 無料のテンプレートが豊富、フリー素材と組み合わると最強

無料のデザインツールはもともとのテンプレートが入っていることは珍しくありませんが、「Canva」はその数に注目です!元から入っている無料テンプレート種類がとても豊富です。

 

また、「Canva」以外の画像取り込みもできますので、他のフリー素材から画像をお借りして、「Canva」で配置するという形もあります。お金を払わなくとも、まるでデザイナーに発注したかのような画像を作成することができます。

 

無料テンプレートを使用①

無料テンプレートを使用②

無料テンプレート+フリー素材

※フリーイラストサイト『フリーイラスト素材 ありさちゃんがいく!|商用利用可/会員登録不要/無料で使用可能』から素材をお借りしました!

ポイント③ ソフトのインストール不要!すべてブラウザ上で完了

これにはわたしも驚いたのですが「Canva」はソフトのインストールが必要ありません!すべてブラウザ(WEB)上で作業が完了できます!ソフトのインストール作業って慣れていない人にとっては一つのミッションですよね。ブラウザ上で作業できれば、その最初の壁がなくなります。

 

また、「Canva」はスマホ用のアプリケーションもあります。こちらはダウンロードが必要となりますが、パソコン用とスマホ用どちらもログインすると、即座に同期が始まり、パソコンでの作業をスマホで、スマホでの作業をパソコンで同じように作業することが可能となります。

 

 

わたしがよく使う方法は、スマホで撮影した写真で画像を作りたいとき。スマホの画像をパソコンに転送するが少々めんどくさいな~と思ってしまう怠け者のわたしはスマホで「canva」を開き、画像を挿入。そのあと、文字入れや配色変更など細かな作業が必要な段階でパソコンで「Canva」を開きます。

すると、すぐさま同期が始まり、スマホ画像が挿入された状態から作業をスタートすることができるのです。ん~~これはラク!!

PhotoshopやIllustratorが無くても大丈夫な時代

デザインツール、画像編集ソフトと聞くと、PhotoshopIllustratorが有名ですが、初心者にはなかなか操作も難しいし、お値段も結構かかるためハードルが高くて諦めていた方もいたのではないでしょうか。じつは私もその一人でした。

 

数年前まではこれらのソフトを使用していましたが、PCを買い替えてしまったがために使用できなくなり、かといって新たにライセンス契約を結ぶお金もなく、涙しておりました。しかしながら、「Canva」のような手軽に、しかもさまざまな媒体で使用することができるデザインツールがあることに感動です。

「画像編集ができないから質が落ちる」そんなことは無くなったわけです。時代の進化に感謝です。「Canva」を使えば、時間短縮にもなるし、これからも使い続けます!

 

Canva公式サイト
https://www.canva.com/