運転免許証の裏面がいっぱい!住所変更どうする?

日常

 

住所変更の回数が多く、運転免許証の裏面(備考欄)がいっぱいになってしまった!しかし、免許更新のタイミングはまだ先…という場合、どのような対処をすればよいのでしょうか?

 

わたしも先日この問題が発生し、不安になりましたが、
実際の手続きはめちゃくちゃ簡単でした。

 

裏面がいっぱいになった運転免許証を持って、警察署(または運転免許センター)に行けば、担当者が既存の「備考欄」の上に新しい「備考欄」シールを貼ってくれます!

 

ただし、注意点などがいくつかあるので以下に詳しくご紹介しますね。

 




免許証の裏面がいっぱいになったら新しいシールを貼ってもらえる

免許証の裏面がいっぱいになったら「備考欄シール」を上書きで貼ってもらうことができます。新住所はそのシールに記載される形になります。

 

 

 

受付の際に「以前の住所も新しく印刷してほしい」旨を伝える

今回は警察署で住所変更した場合で説明していきますね。まずは「免許証」「新しい住所が記載された住民票」をもって警察署へ行き、窓口にある変更届を記入・提出します。

 

提出の際に「裏面がいっぱいになってしまった」旨を受付の人に伝えましょう。そのときに「前の住所も新しいシールに記載してほしい」ということを必ず伝えます。



なぜ「以前の住所」も印刷してもらうの?

住所変更をするということは、身分証明書が変わるということです。

 

もし、以前の住所で登録していた契約などがあり身分証明書が必要な場合、「新しい備考欄(上書きで貼られたシール)」で旧住所が確認できないと面倒なことになってしまいます。

 

今回わたしは警察署の受付の方に教えていただけたので良かったですが、受付の方が新しい住所のみを記載してしまう場合もあるので、事前に自分からお願いすると良いでしょう。

 

 

免許証に新しく貼ってもらった貼り紙シールが剥がれてしまった!

劣化などにより新しい住所が記載されたシールの文字が薄れたり、剥がれてしまうこともあります。そのときは、同じく警察署に行くと対応してくれるそうです。

 

この場合、剥がれてしまったシールがあればそのシールを持っていきましょう。また、「免許証」のほかに「住民票」や「保険証」など身分証明ができるものも持参する必要があります。

 

さいごに:住所変更は必ずしましょう!

免許証の更新のお知らせなどは登録された住所に送られてきますので、転居後はすぐに住所変更の手続きをすることをおススメします。

 

以上、「運転免許証の裏面がいっぱい!住所変更どうする?」でした!