SNS上での認識違いにご注意!「フォロバ」と「リフォロー」のちがい

日常

 

こんにちは、さめはだ舞子(samehada_maiko2)です。

 

「フォローバック(フォロバ)」「リフォロー」それぞれの意味をご存知でしょうか?

 

Twitterをはじめ、SNSを利用する際によく聞く言葉ですよね。この2つの言葉は似ているようで全く違う意味を持っているため、知らずに使ってしまうと相手に誤解を招く恐れがあります。

 

この記事では「フォロバ」「リフォロー」の意味をお伝えします。




「フォロバ」「リフォロー」は意味が違う

「フォロバ」と「リフォロー」の意味を勘違いしている人、最近でも結構見かけます。

 

フォロバ

Follow backの略。フォローされたから、フォローを返すこと

リフォロー

Refollow。再びフォロー。
つまり、一度フォローを外した相手をもう一度フォローすること

 

自分がフォローした相手からはじめてフォローが帰ってきたとき、

さめはだ
フォロバありがとうございます!

というような使い方は正しいです。

 

逆に、一度フォローを外された相手に再度フォローしてもらった場合はリフォローという言葉が使えます。



言葉の捉え方が違うということ

ちょうど、わたしがこの記事を書いている最中にテレビで『月曜から夜更かし』というマツコ・デラックスさんの番組が放送していました。そこで取り上げられていたのが「明々後日(しあさって)」という言葉について。

 

みなさん、「明々後日(しあさって)」と聞くと、今日を軸にして何日後を思い浮かべますか?

 

標準語であれば、
今日・明日・明後日・明々後日

 

つまり、今日を軸にしたときに“3日後”のことを指しますよね。

 

しかし、とある地域では、
今日・明日・明後日・ささって・明々後日

 

「明後日」と「明々後日」の間に「ささって」が入り、「明々後日」は“4日後”のことを指すのだそうです。

 

この放送を見たとき、わたしは驚きました。わたしが思っている「明後日」と違う意味で使っている人たちがいる!

 

決して悪いことではありません。しかし、“意味が違う”ということは、どちらかが気づかなければ、お互いに勘違いしたまま話が進んでしまう危険があります

 

にゃんこちゃん
しあさって14時に駅に集合ね!
くらげちゃん
わかった!

~~3日後~~

にゃんこちゃん
どうして駅にいないの!?約束今日だよね!?
くらげちゃん
この前、“しあさって”って言ったじゃない!?明日でしょう?

 

これは、Aさん・Bさんの「しあさって」の認識が違うために、集合の日がずれていた例ですね。どちらが悪いというわけでは決してありません。

 

もし勘違いをしたとしても、直接コミュニケーションをとっている環境であれば、何かのきっかけで違いに気づくことができます。




Twitterのような「文字ツール」は認識違いに気づきにくい

 

しかしながら、SNSのような直接話をすることがない、「文字だけのコミュニケーション」では、その違いに気づくきっかけ、チャンスがとても低いように感じます。

 

今回挙げた「フォロバ」と「リフォロー」の違いもそうです。この二つの意味を双方で異なる意味として捉えていたとしても、そこまで大きな問題に発展することはありません。

 

大きな問題にならない(=きっかけが無い)からこそ、これは誰かが気づいて指摘してあげないと、本人はなかなか気づくことが難しいです。

 



あれ?と思ったら調べる習慣

相手とのやり取りで少しでも「あれ?なんかズレてる…?」と思ったら、迷わず調べてみましょう。もし、調べてもよく分からない場合は、思い切って相手に「〇〇という意味で合ってますよね?」と聞いてみるのもありかもしれません。

 

わたしも昔「本田△ってなんですか?」なんて初歩的な質問をフォロワーさんにしたことあります(笑)日々のネットコミュニケーションのなかで、そういった意識は大切だと改めて感じました。

 

SNSの使い方や文章術が書かれた本を読んでみるのも良いかもしれませんね。

 

 

以上、「「フォロバ」と「リフォロー」のちがい」でした!