会計ソフト利用料の「勘定科目」と計上、「領収書」発行方法【会計Freee】

会計ソフトの勘定科目と計上方法 ブログ運営

さめはだ舞子です。この度、開業にあたって『会計ソフトFreee(フリー)』を購入しました。

さめはだ
購入したばかりで会計ソフトの計上方法が分からない……

そこで今回はFreeeを例に、会計ソフトを購入した場合の

  • 会計ソフト購入費・利用料の勘定科目
  • 領収書の発行方法
  • 計上の方法

についてまとめました。

おおまかな計上の流れはこんな感じ。

会計ソフト利用料の計上

  1. 領収書を発行する
  2. 購入費・利用料分の「支出」を取引登録
  3. カード引き落とし後、「口座振替」で相殺

amazonや楽天市場でクレジットカード決済した場合も同様の流れとなりますので、はじめての方も覚えておいて損ない方法です!

※今回の記事はPC画面上で登録することは想定しており、スマホからだと画像が見にくい可能性があります。









会計ソフト購入費・利用料の勘定科目は「通信費」「消耗品費」

会計ソフトの購入費・利用料を登録するために、まずは勘定科目を確認しておきます。

会計ソフトには、パッケージ版のような「インストール型」と、Freeeのようにブラウザ上で登録を行う「クラウド型」があります。

クラウド型の会計ソフトの場合、勘定科目は以下のものが使用できます。

  • 通信費
  • 消耗品費
  • 雑費

どの勘定科目を使用するかは個人で決めてOKです。

ただし、クラウド型の場合、毎月(または毎年)利用料を支払う場合が多いですが、毎回同じ勘定科目で登録する必要があります

さめはだ
わたしは「通信費」として登録しています

Freee公式メディアでも「通信費」「消耗品費」で問題がないことが記載されています。

主に通信費として経費処理をしておくのがいいでしょう。消耗品費として処理するのも問題ありません

引用元:会計ソフトを購入した際の仕訳(勘定科目)を解説

また、『小さな会社と個人事業者・フリーランスのための勘定科目の選び方と使い方がわかる本』にも、“クラウドストレージの利用料”が「通信費」になると書かれています。

クラウド型の会計ソフトも同様の考えになりますね。

 

会計ソフトFreeeの利用料(購入費)の領収書発行方法

会計ソフトを購入したり、利用の更新をした際、その証拠として『領収書』を保存しておく必要があります。

  • [ 設定 ]タブ>プラン・お支払いの設定
会計ソフトFreeeの領収書発行方法

会計ソフトFreeeホーム画面

プラン・お支払い設定の画面が開きます。

スクロールして下部分まで移動し、「お支払い履歴」の項目を表示します。

  • お支払い履歴から該当の日付部分を見つけ、[ 領収書 ] ボタン
会計ソフトFreeeの領収書発行方法

プラン・お支払い設定画面を下にスクロール

会計ソフトFreeeの領収書発行方法

お支払い履歴を表示

領収書が表示されます。

この画像を「印刷」したり、「PDF保存」することで保管が可能です。

会計ソフトFreeeの領収書発行方法

発行された領収書

これで領収書の発行はOKです。

さめはだ
領収書の内容を会計ソフトに登録しましょう!



会計ソフトFreeeの購入費・利用料を「支出」計上する方法

会計ソフトFreee利用料の領収書をもとに「支出」として計上しましょう。

今回は、

  • スタンダードプランを年額で支払う
  • 支払い方法は「クレジットカード決済」

の場合を例に登録していきます。

 

事前にカード残高を確認

会計ソフトFreeeの利用料・購入費の登録

会計ソフトFreeeのホーム画面

  1. はじめに「クレジットカードの残高」を確認
    支出の登録がうまくいくとクレジットカード残高が変更されるため、ホーム画面で登録前の残高をチェックしておきましょう。
    ※今回、カード未決済(翌月に引き落としされる分の金額)が6,700円分あったので「-6,700円」と表示されています。
  2. 右上の [ 支出の登録 ] ボタンをクリック

 

支出の登録

会計ソフトFreeeの利用料・購入費の登録

取引登録画面

各項目を登録していきます。

  1. 「支出」を選択
  2. 「完了」を選択
  3. 決済するカードを選択
  4. 領収書に記載してある「日付」を入力
  5. 勘定科目「通信費」を選択
  6. 領収書に記載してある「金額」を入力
  7. 任意で「取引先」を入力
  8. 任意でタグを設定
  9. 任意で備考を入力
    わたしは購入品が分かるよう『会計ソフトFreeeスタンダードプラン(年額)』と記載
  • 完了したら [ 支出を登録 ] ボタンをクリック
会計ソフトFreeeの利用料・購入費の登録

取引>取引の一覧・登録で確認できる

取引の一覧に登録されました。

 

カード残高を再確認

登録が完了したら、再度ホーム画面でカード残高を確認してみましょう。

会計ソフトFreeeの利用料・購入費の登録

元残高:-6,700円
今回のFreee代金:-21,384円

これらが合計され、

カード残高:-28,084円

になりました!計算が合っているので正しく登録されたことになります。

Freeeでは銀行口座だけではなく、クレジットカードや電子マネーも【口座】ということになります。

クレジットカードで支払いしたものは「未払金」や「未決済」ではなく、「クレジットカード(口座)で支払いを完了した」として登録をします。

そのため、〇月にカードで決済をし、△月に引き落としされる場合は、引き出し分が「ー(マイナス)」で表示されます。



会計ソフトFreeeのマイナス金額を【口座振替】で相殺する方法

翌月などに、クレジットカード決済分が通帳などの口座から引き落とされます。

引き落としが完了したら、引き落としされた分(上記で言う「-21,384円」の部分)を【口座振替】で相殺します。

口座振替の登録

ホーム画面より、

  • 取引>口座振替
会計ソフトFreeeの口座振替(カード引き落としを相殺)

Freeeのホーム画面

口座振替の登録ページが開きます。

会計ソフトFreeeの口座振替(カード引き落としを相殺)

口座振替 登録画面

各項目を登録していきます。

  1. 振替日
    口座から引き落とされた日を入力
  2. 振替元口座
    引き落とされた口座
    を選択
  3. 振替先口座
    決済したカードを選択
  4. 備考
    任意で「備考」を記載
  5. 金額
    会計ソフトFreeeの代金
    を入力
    ※今回は21,384円
  6. 手数料
    引き落としの際にかかった手数料を入力
  • 完了したら  [ 振替 ] ボタンをクリック
会計ソフトFreeeの口座振替(カード引き落としを相殺)

口座振替の一覧

登録したものが一覧に表示されました。

カード残高を確認

登録が完了したら、ホーム画面で「引き落としされた口座(通帳など)」と「カード口座」の残高を確認してみましょう。

会計ソフトFreeeの口座振替(カード引き落としを相殺)

ホーム画面で口座とカード残高を確認

  1. 〇〇通帳
    Freee代金+手数料分が減っていればOK!
  2. 〇〇カード
    Freee代金分が相殺されてなくなっていればOK!
    ※今回はFreee購入前にもともとあった「-6,700円」に戻っています
さめはだ
これですべての登録が完了です!




会計ソフト利用料の「勘定科目」と計上まとめ

会計ソフトの勘定科目

  • 通信費
  • 消耗品費
  • 雑費

どの勘定科目で仕訳けをしても大丈夫だが、毎回同じ科目で登録する必要あり

会計ソフト利用料の計上

  1. 領収書を発行する
  2. 購入費・利用料分の「支出」を取引登録
  3. カード引き落とし後、「口座振替」で相殺

amazonや楽天市場でクレジットカード決済をした場合なども、この流れでの計上となります。覚えておくと便利です。

以上、『会計ソフト利用料の「勘定科目」と計上、「領収書」発行方法』でした!

 

みなさまから頂いた感想


 勘定科目に迷ったらこの本を参考にしています