店内での『撮影許可』『掲載許可』とってる?写真撮影OK=シェアOKではない!

ブログ運営

 

あなたはお店で写真を撮るときに『撮影許可』をとっていますか?また、その写真をブログにアップするときに『掲載許可』はとっていますか?

 

「撮影OK」であるからといって、SNSなどを通じてネット上で公開(シェア)できるとは限りません

 

大手のレビューサイトでさえ、『撮影』や『掲載』を巡って裁判が起きています

 

これがあなたのSNSやブログで起きたら?考えるだけでも恐ろしいです。

 

自分自身を守るためにも、お店レビューにおける『撮影許可』『掲載許可』について考えてみませんか。

 



大手レビューサイトでも裁判が起きている

「食べログ」をはじめとした大手レビューサイトでも、勝手な写真の掲載などによって裁判になることがあります。

 

とある裁判では、店側は「口コミサイト(ブログ)に載せるかどうかのコントロール権はあくまで店側にあるべきだ」と主張したそうです。

 

この裁判は結果的に店側が敗訴しましたが、この主張には考えさせられる部分がありました。

 

誹謗中傷だけに限らず、お店側と情報発信者との間にはトラブルとなる種がたくさん転がっています



『撮影許可』『掲載許可』とっていますか?

お気に入りのお店の紹介記事をブログに書いたり、SNSにアップことがありますよね。

 

それは誹謗中傷ではなく、「こんなに良いお店があるよ!」というお店にとってはありがたい(はずの)情報に違いありません。

 

でももし、その記事がお店の『撮影許可』『掲載許可』をとっていないと知ったら読者のみなさんはどう思いますか?

 

少なくともわたしは「この人信用できないかも…」と思ってしまいます。

 

許可をとっていないということは「無断でそのお店を紹介している」ということです。「良い感想を紹介しているからいいじゃん!」「みんな撮影しているお店だよ!」という方、ちょっと考えてみてください。

 


「良い感想を紹介しているからいいじゃん!」

あなたが言う「良い感想」は、お店側にとって本当に発信してほしい情報ですか?

「みんな撮影しているお店だよ!」

みんなが撮影しているお店は、絶対に撮影OKな場所だと言い切れますか?


 

わたしは元喫茶店店員でもあり、県から依頼されている地域ブログの編集長でもありました。

 

店員側の気持ち・ブロガーの気持ち、つねにどちらの気持ちにも触れている環境にいました。次からはわたしが経験した両立場の気持ちをご紹介します。

 

 

経験①喫茶店店員時代に感じた「店主の悲しみ」

先にも書きましたが、わたしは県内ではちょっぴり名の知れる喫茶店で働いていた経験があります。そのお店は店主のおじさんが一人で経営している個人の喫茶店です。

 

小さなお店ではありますが、よく雑誌の取材が入っていました。そのため、若い女性のお客様も多かったのです。料理が提供されるとまず初めに「写真撮影」が始まります。

 

撮影している女性たちを見ながら店主のおじさんがそっと呟いたことがありました。

 

マスター
写真撮影のお願いをされれば気持ちよくOKするのに、勝手に撮られると良い気持ちはしないな…

 

マスター
あの料理は僕が一生懸命考えてつくった料理。メニューはお店の資産。勝手に公開されては困るものもあるんだよ

 

お店には写真撮影NGの貼り紙はしていませんでした。しかし、「撮影NGの貼り紙がない=撮影OK」とは限りません

 

おじさんは「紹介されること」自体にはとても前向きに協力してくれます。彼が嫌だと思っていることは「許可なく情報が公開されてしまうこと」でした。

 

マスター
今はもう見て見ぬフリをしているけれど、一言言ってくれれば…

 

一言あるだけで、お店側には「公開NGな部分を教えるチャンス」ができるんです。



経験②「無断で記事公開するのはブロガーとして恥」と怒られた

大学時代やってしまった出来事があります。わたしが所属していたゼミは、県から地域ブログの運営を任されていました。その編集長として活動していたときのことです。

 

地域ブログなので町のお店を紹介することが多くありました。あるとき、自分が気にいっていた古本喫茶店の記事を書きたいと思い、お店に行きました。

 

最初はきちんと許可をとらなければ!と意気込んで行ったのですが、店内の忙しさや雰囲気から、なかなか店主さんに声をかけることができませんでした

 

 

声をかけられないまま時間はすぎ、これではダメだと思い、勇気を振り絞って「写真撮っていいですか?」と声をかけました。店主さんは「どうぞ」と言ってくださり、店内写真を撮影して退店しました。実に短い会話でした。

 

後日、お店の写真を掲載した紹介記事を公開しました。するとこの記事を見た大学の教授がやってきて、

 

教授
この記事、お店に許可とったんだよね?
さめまい
はい、きちんと『撮影許可』とりましたよ
教授
『撮影許可』は出たんだね。で、『掲載許可』は?
さめまい
…え?

 

そう、わたしはお店に撮影の可否しか聞いていませんでした。ネットに情報をアップするのであれば、「撮影した写真を“公開すること”、お店の紹介を“掲載すること”」をきちんとお店に伝えるべきだったんです。

 

教授
無断での公開は盗人と同じ。編集者(=ブロガー)としての恥だよ
教授
きちんと許可をとる勇気がないのであれば、発信はすべきではない

 

 

この言葉にかなりショックを受けました。自分と読者にとっての利益だけを考えて、発信される側(お店)の気持ちを考えていませんでした自分の喫茶店での店主の思いを知っていたはずなのに…。

 

 

『撮影許可』と『掲載許可』はちがう

 

ブログやSNSに記事をあげるのであれば、『撮影許可』『掲載許可』をダブルでとるべきです。

 

「写真撮っていいですか?」と聞かれればお店側は、記念撮影程度をイメージすると思います。しかし、「写真を撮ってSNSやブログに載せてもいいですか?」と聞かれればどうでしょう。

 

「写真撮影はOKだけど、掲載はちょっと…」というお店もあるかもしれません。市役所なんかでは書物などの『撮影許可』『掲載許可』それぞれの申請書があるくらいです。

 

デザインマガジンで有名な月刊MdN2018年2月号では「著作権をめぐる表現と権利の物語」という特集で『撮影許可』『掲載許可』について次のように書かれています。

 

個人的に楽しむ分には私的複製の範囲内ですが、その写真をWebで発信してしまうと「公衆送信権」を行使したことになり、著作権者の許可が必要となってきます。

 

上記の例は撮影OKの美術館内の写真についてですが、トラブルを避けるためには店内での撮影・掲載についてもきちんと確認した方が良いでしょう。

 

「許可をとる」のは「自分を守ること」につながる

また、とある法律サイトには以下のようなことが書かれています。

店主が許可していないのに、勝手に撮って公開することは、不法行為になり、損害賠償請求をされることがありえます。

ネットが発達した現在では、写真が権利者の意図に関係なく拡散されることが増えました。そのため、写真を撮る側のモラルも厳しく問われることになります。

https://lmedia.jp/2014/11/01/57763/



ブログ・SNSへの掲載許可をとることは「自分を守ること」にもなります。

 

もし、許可なく記事を公開し、その記事を店員さんに読まれたらどうなりますか?

 

喜ばれれば良いですが、「この人の写真は無断です!掲載の許可も出していません!」なんて声があがる可能性もありますよね。

 

そんなことが起きれば、あなたが手間暇かけたSNSアカウントやブログの信用はガタ落ちです

 

店員さんへの一声で記事のネタが増える可能性もある

声をかけるのはとっても勇気がいることです。わたしも毎回緊張していました。声をかけられずに数時間経過することも…(笑)

 

でも勇気をだして声をかける・許可をとろうとすると、お店側から逆に「じゃあこれを書いてほしい」とか「ここだと写真写りがいいよ!」なんて言われることがあります。

 

お店の方から提供される情報は、あなたが声をかけたから得た「お宝」です。単なる口コミサイトにはない、あなただけの情報に変化します。そうすると記事の差別化も図れます

 

 

 

勇気をふり絞った結果、手に入れられる情報が何倍にも膨れ上がる可能性があるのです。

 

「名刺」はあなたの心強いアイテム


この記事を公開してから「『名刺』があると良いよ!」というコメントを何名からかいただきました。

 

わたし自身も学生時代は「大学名」が入った名刺、現在は「TwitterIDとブログURL」が入った名刺を活用しています。

 

オリジナル名刺が完成!職場以外の名刺は「個性」を出してみませんか?【レビュー】

2018.03.14

 

素性を明かして許可をとったほうが相手の警戒心が緩みますし、掲載予定のブログURLを渡せる形にしておけば、簡単な説明だけで済ませることができます。

 

さめまい
撮影はしたいけど料理を食べてからブログ記事にするかを判断するから『掲載許可』をとるか迷う…

 

という人、いますよね。めちゃくちゃ分かります!(笑)撮影したものの、後日やっぱり記事にはしない…という場合ってたくさんありますから。

 

許可をとるときは「掲載することを約束しない」ことをおススメします。

 

許可をとったから必ず掲載しなければいけない、なんてことはありません。

 

さめまい
撮影しても大丈夫ですか?それと私が運営しているブログにて紹介させていただきたいのですが…現段階では掲載は確定ではありませんが、もし記事にするとしたら許可はいただけますか?(そして名刺を渡す)

 

これはあくまで私のいつものパターンですが、こんな感じだとスムーズにお話が進むと思います。

 



許可をとりたい!でも、NGだったらどうしよう…

この気持ち、痛いほど分かります。断られることを考えると怖いですよね。でも、ちょっと考えてみてください。

 

お店が「ご遠慮願います」ということは、そもそもそのお店は「撮影・掲載はNG」だったということ。つまり、全く確認をしないで掲載していたらトラブルになっていた可能性があります!!

 

 

あなたが良い評価で写真を掲載したとしても、それが転用される場合もあります。転用された先で誹謗中傷されていたら?あなたの無断使用も浮き彫りにされてしまいます。

 

お店に断られたら、トラブルが回避できたと思えばいいのです!!

 

よかった!!

 

関わっているのはすべて「人」

 

ブログを読むのは「人」。
ブログを書くあなたも「人」。
ブログで発信されるお店も「人」。

 

発信する側と発信される側の意識の差は思った以上にあります。
読者からもお店からも愛されるブロガーを目指したいですね!

 

以上、「店内での『撮影許可』『掲載許可』とってる?撮影OK=シェアOKではない!」でした。

 

▼こちらの雑誌には「著作権」や「引用」などWEBコンテンツに関わる権利について詳しく書かれているのでおススメです