適応障害を発病して半年、会社員として復帰しました

適応障害が復帰しました 働き方

さめはだ舞子(@samehada_maiko2)です。

2017年11月に適応障害の診断を受け休職。
2018年4月にそのまま退職しました。

そこから約3ヶ月が経った7月末。

まだまだ自分の症状は完治ではないものの、家族が病気になったことをきっかけに新しい職場で働きはじめました

 

新しい職場での担当は「WEBデザイナー」。
今までデザイナーとしての経験はありません。

不安もありますが、できることを少しずつやっていきたい。そんな想いで会社員として再スタートをきりました。



家族の緊急入院をきっかけに自分もがんばることに

2018年6月にこんなツイートをしました。

この日から生活は一変しました。祖父の病気が発覚したんですよね。

もう手術できないレベルらしいので薬などをつかう治療法ですが、戦いの期間はかなり長くなりそうなんです。

くわえて今までになかった病気の併発、認知症の進行が目立ってきました。

 

一方で、祖母は10年ほど前に脳梗塞で倒れたときの後遺症があり、半身不随で今も家で介護をしています。

両親は元気ではあるものの共働き・兼業農家なので、昼間の時間帯は祖父が祖母のめんどうを見ながら生活をしていました。

 

その祖父が重病になったことで家族の負担はかなり増えました。
介護が一人増えることってかなり大変です。

両親だけでは生活が大変になってきたことが、わたしが仕事を辞めて実家にもどった理由の一つでもあります。




金銭的な問題

それから金銭的な面もかなりつらいです。

これまでもギリギリの状態でやってきた家族ですが、急遽発生した「入院代」「検査代」「手術代」はかなりの痛手です。

 

正直このままだと高校生の妹を大学に進学させてあげることも、専門学校に入れてあげることも厳しい状況。

わたし自身、休職→4月に退職しましたが、こういった経緯があり…

新たな職場で会社員として復帰することにしました!

今回のことをきっかけに自身の病気の克服ができればいいなーと思いつつ(無理しない程度に)、今度は自分が家族を支える番になれるよう頑張ります。

わたし、今日から休職します~新卒2年目におこった適応障害の壁~

2017.12.07


新しい職種はなんと…

新しい職場には7月末から働き始めています。

介護や妹の学校関係があるので、職場は実家から通える範囲内で探しました。

正直、働けるなら職種を選んでいる余裕すらありません。

 

というか田舎すぎて職種が限られている―――!!(泣)

 

でもそんなこんなで採用されたのが……

採用されたのがですね……

 

職種:WEBデザイナー
(近くに1件だけデザイン会社があった)

 

ちょっと待って。わたしWEBデザインの経験もないし、希望してた職種と違うのだけれど。

求人の募集職種にWEBデザイナーなんてなかったけれど。

どうする自分

 

WordPressの基本操作ができるだけでステータスになる

使えるツールとしてWordPress、HTML(超基本レベル)と書いて履歴書出したら、

『うちWEBデザイナーいなくて困ってたんだ!勉強しながらでいいからWEBデザイナーとして働いて!』

という展開になりました……この話はまた別に詳しく書こうかなと思います。

 

とにかく皆さんに伝えておきたいのは、

「Wordpress使ってブログを運営していることは何も知らない人から見るとめちゃくちゃステータス高い!」ということですね。

 

↓こちらの記事でも講師じぇみ子先生が「WordPressスキルは社会的な武器になる」と言っているくらいです。

WordPress初心者必見!ワークショップで学んだ超重要情報をお伝えします!

2018.05.13


フリーランスを選ばなかった理由

Twitterとかで度々コメントをいただくのが「さめはださん、フリーランスになっちゃったら良いですよ」というもの。

そういっていただける本当に嬉しいのですが、現実面を考えたときにまだまだそのタイミングではありません。

  • まずは月給の安定が第一優先
  • 「会社員」としての経験をもっと積みたい
    (「会社員」として働けるうちに働いておきたい)
  • フリーランスとしてのビジョンがまだ見えないし、いまは望んでいない

主なこんな理由ですね。




月給の安定が第一優先

さきほども記述しましたが、今はとにかく安定した収入が必要です。

 

ブログなどで毎月20万円以上を稼げているような方であれば突然フリーランスになったとしてもとくに困らないのかもしれませんが、わたしの場合はそうではありません。

 

あくまで
会社員としての固定給+ネットでの副収入
という形を望んでいます。

 

「会社員」としての経験をもっと積みたい、フリーランスとしてのビジョンがまだ見えない

20代から好きなことをして生きる!若いうちからフリーランスとして働く!というスタイル、憧れますよね。

でも、今のわたしとしては「会社員」として働けるうちに働いておきたいという気持ちの方が強いです。

※新卒フリーランスの方などを批判するわけでは全くないです!わたしの生活環境を踏まえての考えです



20代だからこそ「会社員」も経験しておきたい

Twitterにいるとフリーランスの人で溢れかえっていて感覚が麻痺しますが、ちょっと落ち着いて世間を見てみるとやっぱり会社員の割合が多いですよね。

で、年配の方や主婦の方と話したり、会社の求人票を見ていたりすると「年齢の壁」っていうのは現実問題やっぱりあるなと感じます(年齢制限があったり、実務経験の有無が問われたり)。

 

まだ20代だからこそ、きちんと会社員としての経験がほしいなって思います(あくまでわたしの考えですよ)

 

大変なことは多いと思いますが、フリーランスになるには誰の許可も必要ありません。何歳でも、いつでもどこでも。




「会社員」は好きなときに、好き場所でなれるとは限らない

一方、会社員として働くには会社の許可が必要です。書類を送って、面接してもらい、採用通知がきてやっと会社員です。

好きなタイミングで、好きな場所で、好きな職種になれるとは限らないんです。

 

そこには「〇歳以下じゃないとダメ」という制約もあれば、子供がいて「時短勤務はできないからパートじゃないと雇えない」なんて言われることもあるかもしれません。

 

今の自分は働くことの制約があっても対応できる環境です。

それこそ、「両親が病気になったから会社勤めが厳しい」となったとき、会社員として働きたくても難しい状態なんですよね。でも今はそうじゃない。

 

適応障害_理由あって会社員をえらぶ

 

いつか子供ができたり、旦那が海外に転勤になったりしたとき。そういう「ここだ!」と思ったタイミングで会社員からフリーランスになれればいいなと考えています。

(もちろん、そのためには今のうちから色々勉強しなければならないことは沢山あります。今は会社員として働きながらの「準備期間」と思っています)

 

自分に合うスタイルを選択する

フリーランスと会社員、どちらが良いというわけではなく、自分のおかれている環境に合ったスタイルを選択することが大切だと思います。

わたしは田舎に住んでいてフリーランスへの理解もまだまだありませんし、会社員だと両親が安心するんですよね。

それから今の自分の現状。そういったことも踏まえての選択です。

 

フリーにしろ会社員にしろ、「なんでその道を選んだのか」がしっかり答えられれば強いと思います。

周りがやっているからなあなあに…ではなく、確固たる自分の理由です。

それが続くか、続かないかは別問題。とにかく「なんで」が大切。



なにはともあれ頑張るぞい!

  • 今の自分の環境
  • 20代だからこそ会社員として働きたい気持ち
  • 適応障害の克服

これらを考えたうえで「会社員として復帰する」という結論にいたりました。

 

不安なことも多いですが、無理せず頑張っていこうと思います!

ここまで読んでくれてありがとうございました…!