windows10でユーザーアカウントを追加する方法を解説!

win10でアカウントを追加する方法 日常

1つのパソコンを複数で利用する場合、人それぞれでデスクトップ画面が使えると便利ですよね。

使いたいソフトもそれぞれ違いますし、他の人に自分のフォルダを見られたくない…!!という人もいるはず…。

Windows10では、パソコンにアカウントを追加すればアカウントごとに同じPCを使用することができます!

 

今回は、

  1. Windows10でユーザーアカウントを追加する方法
  2. ローカルアカウントとMicrosoftアカウントについて
  3. 標準ユーザーと管理ユーザーのちがい

これらについて解説していきます。




ユーザーアカウントについて

Windows10では複数のユーザーアカウントを持つことができ、それぞれに違う設定をすることができます。

たとえば、あなた以外の家族やゲスト使用したい場合、新しくアカウントを追加してあげることで、あなた以外の人があなたのPC画面を操作することなく使用することができるようになります。

win10でアカウントを追加する方法

ローカルアカウントとMicrosoftアカウントのちがい

アカウントを追加には、

  • ローカルアカウントでの追加
  • Microsoftアカウントでの追加

2種類の方法があります。

どちらのアカウントで追加するのかを決めておかないと、途中の設定で迷う原因になります!

ローカルアカウント
1台のPCだけで使えるアカウント

Microsoftアカウント
複数のPCで共有のアカウント



ローカルアカウントでの追加

  • 使っているパソコンごとにユーザー名とパスワードを設定
  • 特定のパソコンのみでのアカウント
  • 複数パソコンに同じユーザー名・パスワードでアカウントを作成しても同期されない
  • Microsoftストアからアプリをダウンロードすることができない
    (Microsoftストアの利用にはMicrosoftアカウントが必要。利用時に作成できる)

 

win10ローカルアカウント

Microsoftアカウントでの追加

  • Microsoftアカウントを持っている人が対象
  • Microsoftアカウントを新規で登録することもできる
  • Microsoftアカウントでサインインすれば、複数パソコンでも同期が可能(PCの個人設定やアプリ、ブラウザのお気に入りなど)

 

win10_microsoftアカウント

複数のPCで利用したいのであれば、Microsoftアカウントを作っておくと便利!




アカウント追加の手順(Windows10)

それではアカウントを追加していきましょう。今回は以下のアカウントを例に追加します。

  • 外出用に自分が使用するアカウント
  • ソフトのインストールなどを行える「管理者」として追加
  • ローカルアカウントで追加

 

【1】windowsボタンから
【2】歯車マークの [ 設定 ] をクリック

win10でアカウントを追加する方法

 

「Windowsの設定」画面が開きます。

【3】[ アカウント ] をクリック

win10でアカウントを追加する方法

 

【4】左側のメニューバーから [ 家族とその他のユーザー ] を選択

「家族とその他のユーザー」画面が開きます。

【5】[ その他のユーザーをこのPCに追加 ]  をクリック

win10でアカウントを追加する方法

 

今回はMicrosoftアカウントではなく、ローカルアカウントで追加したいのでメールアドレスは入力しません。

【6】[ このユーザーのサインイン情報がありません ] をクリック

win10でアカウントを追加する方法

 

【8】追加するアカウント名
【9】パスワードを入力しましょう。
入力後、[ 次へ ] をクリックします。

win10でアカウントを追加する方法

 

他のユーザー欄に新しく作ったアカウントが作成されました!

今回はローカルアカウントとして作成したため、アカウント名の下に「ローカルアカウント」と表示されています。

win10でアカウントを追加する方法


標準ユーザーから管理者に変更する

アカウントを追加した段階ではデフォルトの設定で「標準ユーザー」として設定されています。

ユーザーの設定は「標準ユーザー」「管理ユーザー」の2種類が存在します。

標準ユーザーと管理ユーザーのちがい

標準ユーザー

  • 基本的な操作はできる
  • コンピュータのセキュリティに関しての操作に制限がある
  • アプリやドライバーのインストールができない

管理ユーザー

  • コンピュータへのアクセス権がある
  • アプリやドライバーのインストールや削除など、PC全体にかかわる設定をすることができる

たとえば、新規アカウントがゲスト用など自分以外の人が使う場合は、PC設定を勝手に行われないよう標準ユーザーとして設定しておくと安心です。





【1】設定を変更したいアカウント名
【2】アカウント種類の変更をクリック

win10でアカウントを追加する方法

 

【3】アカウントの種類の項目が表示されます

win10でアカウントを追加する方法

 

【4】 [ 標準ユーザー ] から[ 管理ユーザー ] に変更
【5】OKボタンをクリック

win10でアカウントを追加する方法

これで標準ユーザーから管理ユーザーへの変更が完了しました!




アカウントが追加された

アカウントの追加が完了すると、スタート画面やWindowsメニューの部分に表示されます。

ここからアカウントの切り替えを行うことで、画面を行ったり来たりすることができます。

win10でアカウントを追加する方法

 

それぞれのアカウントでパスワードを設定することもできますし、自分用と子供用で分けたりして利用することもおススメですよ。

 

以上、「windows10でユーザーアカウントを追加する方法」でした。