エックスサーバーに申し込み!サーバーID(初期ドメイン)とは?

ブログ運営

 

さめはだ舞子です。突然ですが、エックスサーバー
に契約申し込みをしました!

初心者にとっては未知の世界で謎の用語がたくさん出てきますよね。

さめはだ
サーバーIDってなに!?

今回はわたしが申し込みのときに迷った
サーバーID(初期ドメイン)」についてまとめてみたいと思います。

 

 

 

「はてな」を利用しているのにレンタルサーバーを借りたきっかけ

当ブログは「はてなブログ(有料版)」を使用していますが、この場合、独自にサーバーをレンタルする必要はありません。では、なぜ今回レンタルサーバの契約をしたかというと、それは「将来的にWordpressで別ブログの運営を考えている」からです。

 

もともと当ブログは自分が今後開設しようとしているブログについての運営記録用のサブブログでした。現在は当ブログ以外の開設はありませんので、こちらがメインブログのようになっていますが…。

 

いくつか運営したいブログのテーマがあるのですが、そのうちの一つが今朝のニュースで話題になっていまして。ああ、このテーマのブログをすでに立ち上げていたらなあ…と、自分の行動の遅さに後悔をしました。

 

 

初心者だから、まだ早い。そんな気持ちもありましたが、それぞれの契約には時間もかかりますし、サイトの立ち上げだってすぐにできるわけではありません。そう考えると、初心者でも動いた者勝ち。スキルやクオリティは後からアップデートしていけば良い。そう思うようになりました。

 

ということで、思い切ってレンタルサーバー借りちゃいます!これでいつでも新しいブログが立ち上げられるようになりました。

 

\ 気になる方はこちら /

当ブログは「X10」プランを利用中

 

エックスサーバーを選んだ理由

今回選んだレンタルサーバーは「エックスサーバー」です。有名なレンタルサーバーで、利用されているブロガーさんも多いのではないでしょうか。さまざまなレンタルサーバーがある中で、わたしは次のポイントで選びました。

 

選んだポイント
  • 登録ユーザー数の多さ
  • 利用ユーザーによるサポート記事の多さ
  • 契約期間の種類
  • 独自ドメインの取得サービスの有無

 

登録ユーザー数の多さと利用者によるサポート記事の多さは「安心感」に繋がります。初心者にとっては分からない用語が出てきたり、公式の説明では難しい部分もたくさんあると思いますので、同じ目線で困りごとを解決してくれる記事が多いことは、契約後にスムーズにステップを踏むための重要な要素となります。

 

f:id:samehada-maiko:20171220173920j:plain

 

契約期間の種類については、他社では最短で1年契約からという場合もありますが、エックスサーバーの場合は最短「半年」からの契約が可能です。いきなり年間契約はちょっと勇気がいる…と感じている方にとっては嬉しいポイントかもしれません(わたしも今回は「半年」で契約しました)

 

「独自ドメインの取得サービスの有無」も重要視しました。独自ドメインサイトで購入することもできるのですが、レンタルサーバー会社でも販売していることがあり、エックスサーバーはそれに該当します。このメリットは、(頻繁に開催している)キャンペーンで独自ドメインが「無料」で取得できることです。

 

ドメイン取得って収益がほとんどない初心者にとって結構大きな出費なんですよね。レンタルサーバー契約で「無料」で手に入るのは嬉しいポイントです。

 

エックスサーバー申し込み手順

公式サイトに申し込みの流れが掲載されています。

 

「①お申込み」をするとすぐにさーーバー設定完了メールが受信され、「②お試し期間開始」に入ります。ここから「③支払い手続き」までの間の最長10日間はお試しの無料期間となります。このお試し期間の間に支払いをして「④本契約開始」となります。

 

サーバーID(初期ドメイン)とは

 

さて、申し込み画面ですぐにつまずいたのが「サーバーID(初期ドメイン)」です。

 

サーバーID(初期ドメイン)とは、独自ドメインを設定する前の「初期のドメイン=サブドメイン」となります。申し込みの際に設定したIDがそのままドメインとして反映されてしまうのです。しかも、後から変更できません。サブドメインについては下記の記事が参考になります。

 

 

例 サーバーIDを「abcde」とした場合

●初期ドメインを使用して開設したWEBサイトのURL
http://abcde.xsrv.jp

●メールアドレスを使用する場合
〇〇〇(好きな名前)@abcde.xsrv.jp

 

サーバーIDの決め方

上記の例のようにサーバーIDは初期ドメインとメールアドレスに使用されることとなります。このID設定で長い文字列を指定してしまう見栄えも悪く、使いづらいドメイン・アドレスになってしまいます。

後から変更ができないためこの申し込みの段階で、以下のポイントに注意して決定する必要が出てきます。

 

  • 長すぎない文字列(10文字程度以下が目安)
  • サブドメインにもアドレスにも違和感のない文字列

 

あくまで初期ドメインは“サブ”ですので、使用予定のない方も多いかと思いますが、一応将来的なことを考えて上記の点は考慮した方が好ましいようです。

 

おまけ)「独自ドメイン」と「初期ドメイン」の違い

わたしも最初の頃はよく分からなかったのですが、勉強しているうちに自分のなかで分かりやすいイメージができたので、図を作ってみました。

 

 

独自ドメインは自宅を持つようなものに対して、初期ドメインはビルの中の部屋を借りているような状態です。つまりビルが無くなれば、部屋も借りることができなくなります(サーバー会社が無くなれば、初期ドメインも使えなくなる)。

 

独自ドメインを取得していれば、サーバーの引っ越しが可能となります。
以上、「エックスサーバーに申し込み!サーバーID(初期ドメイン)とは?」でした!

 

\ 初期ドメインを設定 /

当ブログは「X10」プランを利用中